奥鬼怒の秘湯日光澤温泉へようこそ
 

10月4日、大清水から日光澤温泉までアルバイトのSさんと一緒に歩きました。

写真は、湯沢にかかる丸木橋。

丸木橋を過ぎると、物見山までこんな感じののぼりが4時間程続きます。

もっと、きつい岩場ののぼりがずーっと続きます

途中から見える右の山、四郎岳(しろうだけ)。天気が良かったので山がくっきり見えました。

 

おそらく、紅葉のピーク時には絶景でしょう。

時々見えるこんな景色に、きついのぼりも頑張れます。

尾瀬の燧ケ岳と、ゴルフ場のように小さく見える小淵沢田代(こぶちざわたしろ)。

大清水から4時間かかって、やっと物見山山頂に到着。 別名、毘沙門山(びしゃもんやま)。

物見山から鬼怒沼湿原が見えてきました。 感激です

昨夜降った雪が、物見山付近に積もっていました。少し早い紅葉と初雪を一緒に楽しめました。

鬼怒沼の草紅葉は黄金色になっていました。 正面に見える山は日光白根山。

山の上が雪でうっすら白くなっています。

結局、大清水から日光澤温泉までの所要時間は6時間30分でした。

このコースはやや健脚向きですが、うちから鬼怒沼を往復して女夫渕温泉まで戻る時間と

あまり変わりません(所要時間は個人差がありますが)。少し足に自信のある方にはお勧めのコースです。

こんなに歩いたのは半年ぶりで、けっこう長い一日でした・・・

 ※ 沼田から戸倉までのバスは運行していますが、戸倉から大清水間は11/3(木)をもって

   運行を終了しました。詳しくは 関越交通   0278-23-1111 までお問い合わせ下さい。

 

近況

カテゴリ : 
日光澤温泉
執筆 : 
nikkozawa 2011-9-30 14:52

先日の台風15号で壊された道路が復旧しました。建設会社の方々のお蔭で24日には

人が歩けるようにして頂きました。ご尽力に感謝致します。

対岸の山

うちの対岸の山々。 少しずつ色づいてきています。

かえでの写真

ここのところの冷え込みでカエデが赤くなりました。

複数のかじかガエル

内湯の近くの壁の穴にかじかガエルが。穴の奥の方で2、3匹で寄り添っています。

最近とても寒かったので、もういないと思っていたら、いました、いました

穴のかじかガエル

穴からかじかガエル2

怖くて固まってしまったのか、ずっと動かずに写真を撮らせてくれました。

カエルの写真: アルバイトのSさん撮影 

 

最大級の台風15号

カテゴリ : 
日光澤温泉
執筆 : 
nikkozawa 2011-9-22 21:10

9月21日、16時頃撮影。

9月21日、17時30頃。道路に水が上がってきてしまいました。

そして、台風一過の9月22日の早朝。 すぐ近くの橋がこんなことに

濁流で、陸にうちあげられてしまった天然の岩魚。岩魚がこんな状態になっているなんて

初めての光景です。後ほど、この岩魚はチャンわらのえさになりました。刺身ではなく、焼いてあげました。

こちらの橋のたもとも、台風にやられました

もしかしたら、明日にはこの川沿いを人が歩けるように直してもらえるかもしれませんが

まだ、山道を迂回して頂くかもしれません。お客様には大変ご不便をおかけ致しますがご了承下さい。

尚、女夫渕温泉からの遊歩道も普通に歩ける状態です。お客様からの情報によると、

鬼怒沼方面も金精峠方面も、特に問題ありません。

あまりにも激しい増水だったので、道路がえぐりとられて重機が転落したようです。

 

 

奥鬼怒遊歩道 その2

カテゴリ : 
日光澤温泉
執筆 : 
nikkozawa 2011-9-16 10:00

お客様に道標が分かりにくいと言われまして、遊歩道を歩いてみましたが

よく分からなかったので、昨日もう一度行ってみました。

やっと、間違いが分かりました。 早めに対応したいと思います。

奥鬼怒スーパー林道ができる前は、この道をジープで通っていました。

この辺りは何十年も変わっていません。遊歩道を歩くたびにいつも懐かしくなります。

15年位前にこの頑丈な橋ができましたが、それ以前は台風のたびに遊歩道が被害を受けて

しょちゅう流されていました。 昔は、橋の下の川沿いに道路がありました。

この辺りは、昔とはずいぶん変わりました。

カッタテの滝近くにある岩清水。 厳冬の時期は凍ってアイスクライミングが

できます。 クライミングの好きな方には注目の壁のようです。

川の近くの道は大雨のたびに荒らされてしまいましたが、木々のあるところは昔のままです。

昔は、ここも車が通っていました。

 

今日のチャンわらは、

チャンわらが、ヒキガエルを見つけました。 チャングは、前にヒキガエルに毒をかけられて

ひどい目に遭ったので避けていましたが、わらびはまだカエルのことが分からないようで興味深々の様子。

でも、カエルの方が死んだふりをしてくれたので一安心。

 

奥鬼怒遊歩道

カテゴリ : 
日光澤温泉
執筆 : 
nikkozawa 2011-9-13 21:42

昨夜は中秋の名月。 うっすらと雲がかかっていました。

最近お泊り頂いたお客様に、遊歩道の道標が分かりにくいと言われましたので、

チャンわらを連れて歩いてみました。

歩きはじめてすぐの鬼怒の中将乙姫橋です。

途中にあるカッタテの滝。何年か前の台風の被害で、遊歩道が若干変わってしまったため

今は通らなくなくなりました。

鬼怒川沿いの遊歩道は、涼しくてとても気持ちがいいです。

コザ池の滝。 岩の間をすり抜けるように注いでいます。

堰堤の溜まりを覗いてみると、浮いている葉っぱのあたりに岩魚が泳いでいました。

そろそろ、渓流釣りも禁漁の時期に入ります。

途中の水たまりに、ヤマヒキガエルが・・・(汗) 

チャンわらの気配を感じたのか、怒っていたようです。

晴れていて暑いせいか、ヤマカガシの姿も。

 

結局、どこの道標が間違っているのかよく分かりませんでした。

また、近いうちによく確認して来ようと思います。

 

うちの川の近くのモミジが、赤くなってきました。

オオカメノキの実もいつの間にか真っ赤に。

庭のフウロソウも今が満開。

 

そして、今日のチャンわらは

わらびは女夫渕からの道中、はしゃぎすぎてお疲れのようです。

チャングも、少しお疲れかな? 

 

秋の気配

カテゴリ : 
日光澤温泉
執筆 : 
nikkozawa 2011-9-7 20:23

 台風が過ぎ去ったあと、気温がグンと下がりました。

9月7日、午前5時の気温は10℃でした。日中は20℃位になる日もありますが、

日によって違います。

お客さんの朝食の時に、何ヶ月かぶりに薪ストーブに火を入れました。

今日は快晴の一日でした。 今日のような日は露天風呂に浸かると最高です

露天風呂上の、ナナカマドの実も色づき始めました。

もみじの葉も、少しずつ色がつき始めています。

日光澤の後ろの山が色づき始めるのは毎年、10月に入ってからです。

そして、今日のチャンわらは

わらびは、天気が良いのでとてもうれしそうです。いい顔してます

わらびの顔は、あるスポーツ選手にそっくりです

何か視線を感じると思ったら、チャングがハウスから覗いてました。

チャンわらが玄関にいない時には、だいたいここにいます。

ちょんちょこりんと、お行儀の良いチャングです

 

 

わらび 注射

カテゴリ : 
日光澤温泉
執筆 : 
nikkozawa 2011-9-5 14:17

昨日は、わらびにワクチンの注射をしてもらうために、今市の土沢動物病院に行ってきました。

診察台の上に乗ったわらび、しっぽが垂れてかなりビビってます

普段は何事にも動じないわらびですが、今日はいつもと違います・・・

わらびの弟の栗丸君。 約一年ぶりの再会です。栗丸君は、この動物病院で助手をしている方のところで

飼われています。 わらびは顔にしわを寄せてうなっていました。

一方、栗丸君は遊びたくて仕方がないようでした。

途中の鬼怒川、恐ろしいくらいの濁流でした。県道の通行止も、自己責任で通行すれば通してもらえると

いうことで、どうにか通してもらうことができました。

今日(9月5日)、通行止は解除になって通れるようになりました。

普段より、水量が多く迫力のある 蛇王(じゃおう)の滝。 この滝は、日光市若間(わかま)地区に

あります。

 

 

 

 

 

台風も終わりに

カテゴリ : 
日光澤温泉
執筆 : 
nikkozawa 2011-9-4 14:45

 9月4日、13時頃に撮影。 透明の川に戻ってきて時折、薄日も射しています。

お陰様でこちらは、台風の被害は特にありませんでした。

西の方では今回の台風で、被害に遭われた方がいらっしゃるようです。

謹んでお見舞いを申し上げます。

 

 水量も、ほぼ元通りになってきました。 今回の台風は、<台風一過> とは言えないような、

速度の遅い台風でした。

 うちのすぐ近くにある、日光澤の滝。 周りの崖が崩れ、長い年月で滝が二段になってしまいましたが

昔は一段で、迫力のある滝だったようです。

左上のカエデの葉は、ほんの少しですが色づいてきました

 

今日のチャンわらは

 とても眠そうなチャング。今日は1匹でお留守番です。 わらびは、ワクチンの注射を打ちに今市に

お出かけ中。 うちの人の話では、この辺りの道路はカーブの連続なので、わらびは車酔いを

してしまったようで・・・  車が苦手なわらびです

 

 

 

台風12号接近

カテゴリ : 
日光澤温泉
執筆 : 
nikkozawa 2011-9-2 21:17

 

9月2日、朝6時30分ごろ撮影。台風12号の影響で濁流に。

うちのすぐ近くの川。

普段は、こんなにおとなしい川なのに・・・ 鬼怒川と呼ぶだけのことはあります。

7月末の大雨時に比べたら、まだまだ水量は少ないです。

 

この後、雨は降ったりやんだりになり水もひいていきましたが、

夕方になってまた雨足が強くなってきました。 もう、降らないでー

それにしても、この濁流の中で岩魚が生きてるなんて! すごい!!

普段の鬼怒川の様子。 この渕、何となく岩魚がいそうです

 

 

ところで・・・ 今、トイレの改修工事中です。 お客様にはご迷惑をおかけしまして大変申し訳ありません。

順調にいけば来週には工事が終わると思いますので、ご了承下さい。

 

うちのお客様で、益子町のハービーヤングさんのご紹介です。

3月の東日本大震災で、焼き物が壊されたり、ご自宅も被害に遭われてしまったようですが、

少しずつ復興されているようです。一日も早い復興をお祈り申し上げます。

ハービーさんは、益子町の陶芸家の 故・瀬戸浩さん のお弟子さんです。

瀬戸さんは、うちの露天風呂(上)の下に敷き詰めてある益子焼のタイルを作って下さった

方です。皆さんも機会がありましたら是非、ハービーヤング陶房を訪ねてみてはいかがでしょうか?

ハービーさんも奥様も、ユーモアのある楽しい方たちです。

お皿だけでなく、色々あります。私たちもマグカップを愛用しています。

ハービーさんの人柄がでていて、使いやすくて肌触りがとてもいいです。

 

うちでは、ちょっとした事件が発生

今まで気が付かなかったのですが、廊下を歩いていると天井に丸い形のカビが(汗)

最初は、てっきり雨漏りかと思っていましたが・・・

うちの旦那さんを呼んできたところ、窓を開けて外をチェックし始めました。

蜂がたくさん出入りしていて、天井裏に巣を作っているようです。

さっきの天井のカビは、どうやら蜂たちが発している熱でできたようです。

天井を触ってみるとほんわか、あったかーい

壁に垂れているのは、蜂蜜??

そして、屋根裏に上がって見てもらったところ、どでかい蜂の巣を発見!

調べてみると、シダクロスズメバチ という蜂のようです。この辺では地蜂(じばち)と呼んでいます。

長野県などでは、この蜂の幼虫を食用としているところもあるようです。

この蜂、攻撃性、威嚇性は強くないらしいので、一安心。

このままそっとしておこうと思いますが、このカビにはまいりました

 

 

今日のチャンわらは、雨のためお休みです。

 

 

 

 

 
日光澤温泉電話番号:0288-96-0316