奥鬼怒の秘湯日光澤温泉へようこそ
 

鬼怒沼情報 

カテゴリ : 
日光澤温泉
執筆 : 
nikkozawa 2017-11-13 9:29

11月12日 荒武さんが鬼怒沼へ行かれた時の様子。

前日の冬型の雪も止んで青空が見え、こんな雪景色はなかなか撮れない、と荒武さんも

仰っておられました。今日は撮影にベストの状態だったようです。

鬼怒沼

金沼の湖面は凍りつき、冬の始まりです。

鬼怒沼

周りの木々は、湿気った雪と霧氷で姿を変えました。

鬼怒沼

物見山。

鬼怒沼

完全に雪に覆われる前に見られるこの景色は、今だけでしょう。

荒武さん、ありがとうざいます。

 

日光澤温泉の様子。

11月13日現在。積雪は数センチ程ですが、今朝の気温はマイナス3℃でした。

日光澤温泉

日光澤温泉

登山道も薄っすらと雪が覆っています。

チェーンスパイク、軽アイゼンがあると良いと思います。

 

 

 

紅葉情報 10月11日

カテゴリ : 
日光澤温泉
執筆 : 
nikkozawa 2017-10-11 20:50

10月11日、 日光澤温泉周辺の紅葉の様子。3日前とは格段に色づきが違います。

紅葉

毎日見ていると一日一日、色づきの違いがよく分かります。

今年は一日、一日の気温差が大きいのでとても鮮やかです。

色とりどりの紅葉が目の前に迫ってきて、圧倒されます。

露天

露天風呂下。

露天風呂

露天風呂上。

かつらの木

黄金色の桂の木。

日光澤温泉

10月10日の様子。

曇りの日と晴れている日とでは、紅葉の鮮やかさがかなり違います。

露天

露天風呂

一日前の露天風呂下。

紅葉

10月10日。

 

そして、チャンわらサン達は

チャング

少し眠そうなチャング、定位置で仕事中♪

わらび

わらび、のーび。

わらび

またまた、のーーーーび。 

わらびは、チャングとサンボとは少し違って、本来の柴犬らしい性格なので、

飼い主に忠実すぎて他人様に懐かずに時々お客様に威嚇したりしてしまうかもしれませんがお許し下さい。

そのため、玄関先で接客できずに表舞台には出ていません。

 サンボ

耳垂サンボも、玄関先で店番中♪

 

 

 

 

荒武さん 鬼怒沼情報 10月8日

カテゴリ : 
日光澤温泉
執筆 : 
nikkozawa 2017-10-11 7:39

三連休の10月8日、荒武さんが鬼怒沼へ行かれた時の様子。

鬼怒沼の草紅葉は茶色になってきています。

鬼怒沼

風の無い日は湖面に映る景色が鏡のようです。

根名草山と日光白根山。

根名草山

大割山と根名草山。

もみじ

登山道のモミジ。

日光澤前

日光澤温泉前の山肌。

 

荒武さん、ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

鬼怒沼情報 7月30日

カテゴリ : 
日光澤温泉
執筆 : 
nikkozawa 2017-8-4 16:47

7月29日、荒武さんに宿泊して頂きました。

この日にお泊りになられた方は、荒武さんに鬼怒沼や奥日光の自然のお話を

聞く事ができたそうです。

 

翌日、鬼怒沼に行かれた時の様子です。

キンコウカ

キンコウカ

鬼怒沼の終盤の花、キンコウカが盛りを迎えようとしています。

 

草紅葉

よく見ると、湿原の草が薄っすらと赤くなってきているのがわかります。

季節が徐々に進んでいるようです。

草紅葉

草紅葉

荒武さん、いつもありがとうございます。

 

 

いつも鬼怒沼の情報などを提供して頂いている荒武宏司さんの写真展

第17回 荒武宏司写真展が

今年も奥日光の日光湯元ビジターセンター 森のギャラリー で

8月19日(土)から9月3日(日)まで開催されます。

鬼怒沼や奥日光の自然の美しさを感じてみて下さい。

下の写真は、鬼怒沼から見た日光白根山です。

鬼怒沼

入場無料です。ご本人がいる時は色々なお話が聞けるかもしれません。

そして、うちには提供して頂いていないとっておきの写真もあるようですので、

是非、奥日光に行かれてみてはどうでしょうか。

 

 

7月8日の鬼怒沼情報

鬼怒沼

緑が濃くなってきました。

鬼怒沼

鬼怒沼

コバイケイソウと物見山

鬼怒沼

鬼怒沼

ワタスゲがいい時期です。 荒武さんの話によると

タテヤマリンドウも、今が盛りのようです。

 

荒武さん、いつもありがとうございます。

 

 

 

 

父母 追悼

カテゴリ : 
日光澤温泉
執筆 : 
nikkozawa 2017-6-21 20:37

母の9回目の命日が近づいてきましたので、追悼と供養の意味を込めて両親の事を

書こうと思います。私の中では今だに最近の出来事のように思いますが、もう9年も経って

しまったんですね。

父母結婚式

40数年前の両親の結婚式の一枚。父32歳、母28歳。二人共、少し緊張ぎみです。

父は防衛大学卒業後、海上自衛官の道に進みました。その後、母と結婚して山の生活に入り。

一方、母は茨城県水戸市の女子校、水戸二高を卒業して山の住人になりました。

鳶が鷹を生むという諺がありますが、我が家は鷹が鳶を産みました笑

両親には勝てる所がありません。私は学歴が高くないので高学歴の人を尊敬しつつも、

敬遠しがちですが、これは単なるひがみです笑

父母結婚式

祖父母、母、叔母 。

父母結婚式

 父はじっと車を見ているのでしょうか。車の好きな父でした。

 

母小学生

 前に立っているのが母。10歳位でしょうか。子供の頃から賢そうな顔をしています。

祖母が抱いているのは叔母?後ろのやんちゃそうな(失礼)男性三人は、お客様でしょうか。

父母祖母叔母

 左端はアルバイトをしていた方だったかお客様だったか分かりませんが、神原さん。

父、母、祖母、叔母。私は産まれていたのかいないのか、昼寝中だったのか、写っていません。

玄関先、本館は今もほとんど変わらず、当時のままです。

母 祖母 私

 真ん中が母。祖父母の真ん中が私。母は幸せそうですが、育児でお疲れ気味の感じです。

右端、叔母。左端の男性は親戚の方でしょうか。

父方祖母と私 

 体格のいい父方の祖母。私にミルクを飲ませてくれています。祖母は入院中の病室で、

「来年から小学校に上がるけど山から通うのは大変だね」と声をかけてくれたことを覚えています。

父母 祖母 叔母 私

 髭を生やした父はすっかり山男になった感じです。父母は笑顔でとても幸せそうです。左端は叔母。

頑丈な父も癌には勝てずに57歳で母より先に逝き、母も癌で14年後の67歳で父の元に旅立ちました。

母は父のいない時期には大変な苦労をしましたが、忍耐強い母でなければ乗り越えられなかったのでは

ないかと思っています。両親は離れ離れの時期が長かったので、今は霊界で仲良く暮らしていてくれる

ことを願っています。

最後になりますが、闘病中だった母が亡くなる一年程前に正式に主人と宿を引き継ぎました。

それからはお客様をはじめ多くの方に大変お世話になり、今があります。

そして、昨年春に80歳で他界した義父、ご健在の義母、主人、親戚の皆様には大変支えて頂きました。

これまで やってこられましたのも皆様方のお陰です。ありがとうございました。

これからも宜しくお願い致します。

 

 

 

鬼怒沼情報 

カテゴリ : 
日光澤温泉
執筆 : 
nikkozawa 2017-6-3 8:02

5月27日に荒武さんが鬼怒沼へ行かれた時の様子です。

登山道 

登山道の樹林帯の中は残雪がまだ残っています。

登山道

雪の下は空洞になっている所がありますので、踏み抜きに注意です。

登山道脇の石楠花は、今が見頃のようです。

鬼怒沼山

湿原の雪も随分解けました。

湿原

日光白根山

日光白根山

根名草山

根名草山

燧ヶ岳

燧ヶ岳

鬼怒沼巡視小屋

鬼怒沼巡視小屋。入口の雪は無くなっています。

ワタスゲ

ワタスゲの花が咲き始めました。

日光澤温泉は、6月2日、3日の朝晩の気温は5℃位でした。

6月に入ったのに冷え込みました。さむーい!

 

 

荒武さん、いつもありがとうございます。

桜が満開

カテゴリ : 
日光澤温泉
執筆 : 
nikkozawa 2017-5-15 16:15

ヤマザクラ が満開になりました。

山桜

日光澤温泉のヤマザクラが満開になりました。

 

山桜

露天風呂の桜

露天風呂の桜も見頃です。

露天

少しずつ周りの木々も緑色に。

桜

石楠花

庭の石楠花もこんなに膨らみ、もうすぐ開花。

水仙

水仙。

オダマキ

オダマキも青々と伸びて。

ルピナス

ルピナスの芽が大きくなってきました。

鬼怒川源流

鬼怒川源流も雪解けで水量が多く綺麗です。

周りの木々も芽吹き始め、これから新緑の時期を迎えます。

 

 

 

鬼怒沼登山道マーキング 2017

カテゴリ : 
日光澤温泉
執筆 : 
nikkozawa 2017-4-27 12:07

4月25日、毎年この時期恒例にしている日光澤温泉から鬼怒沼間の登山道のマーキング をしてきました。

神社

今年は雪解けが遅く、温泉神社付近も雪がどっさりついています。

朝の気温は0℃前後、雪はしまって歩きやすいです。

のし滝

ノシ滝。

ヒナタ橋

ヒナタオソロシ滝橋。 この辺りの雪も多いです。

オロ滝展望

オロオソロシの滝展望台。 

オロオソロシの滝

オロオソロシの滝。

トラバース

危険なトラバースが出てきます。

トラバース

アイゼン装着。 

トラバース

根名草山 白根山

第二展望台から、根名草山左とポッコリ雪山の日光白根山。

ここで休憩。 

チャンわらサンもお食事タイム。

チャング

チャング。

わらび

わらび。

サンボ

サンボ。  昨年は、カモシカを追い続けてしまって途中敗退。

実は、今回も途中でニホンジカ4頭を追いかけて行ってしまい、

しばらくいなくなりましたが疲れ切ってちゃんと帰ってきました。お利口です!

登山道

ここからはだだっ広くなり、登山道が分かりづらいので赤やピンクのテープで

マーキングしながら進みます。

登山道

登山道

鬼怒沼入口

鬼怒沼入口。 雪はそこそこ多いです。

看板も雪の下。

鬼怒沼山

鬼怒沼山と金沼が薄っすらと。

ベンチ

木道のベンチが少し出ていました。

道標

金沼近くの道標。

物見山

物見山。

会津駒ヶ岳

会津駒ヶ岳。

燧ヶ岳 平ヶ岳

燧ヶ岳。

避難小屋

避難小屋。

避難小屋

入口は入れませんでした。

チャング

チャング、走り回ってとっても嬉しそう♪

わらサン

わらびとサンボ。 いつも以上にじゃれあってます。

チャンわらサン

さて、帰ろうかな。

鬼怒沼アウト

帰ります。

枝

雪で枝がこんなことに。芸術?

枝

雪に耐えて凄いことに。

日光澤温泉

無事に帰ってきました!

 

チャング

チャング。

骨

わらびが、山の中から見つけて来た鹿の骨。

わらび

わらび。疲れ切ってウトウト zzz

サンボ。

サンボ。

お疲れ様でした。

 

 

今年は雪解けが遅く残雪が多くなっています。

鬼怒沼方面に行かれるお客様は、充分な装備を持って滑落事故等にお気をつけ下さいますよう、

ご協力をお願い致します。

今年も、山岳事故のないことを祈るばかりです。

 

 

4月24日 日光澤温泉の様子

カテゴリ : 
日光澤温泉
執筆 : 
nikkozawa 2017-4-24 15:06

春の日差しが強くなり、雪解けが進んできました。

日光澤温泉 

日光澤

日光澤温泉

庭の雪も無くなり、昼間の日差しは暖かいです。

今朝の気温は0℃前後で氷が張ってました。

露天

露天風呂下。

露天

露天風呂上。

登山道

登山道

登山道は雪に覆われています。

ヒマラヤサクラソウ

ヒマラヤサクラソウが少しずつ咲き始めました。

ヒマラヤサクラソウ

ヒマラヤサクラソウ

水仙

花

 

 

チャンわらサンは

チャング

チャング。

わらび

わらび。

サンボ

サンボ。

 

 
日光澤温泉電話番号:0288-96-0316